Articoli

DOLCE STIL NOVO

ヴェナリア宮殿内のレストラン

イル ドルチェ スティル ノーヴォ アッラ レッジャ

ヴェナリア宮殿内にイタリアで有名なレストランのひとつ、イル ドルチェ スティル ノーヴォがあります。著名なレストランガイドで長年高い評価を得、ミシュランガイドでは一つ星を獲得しています。イタリアや諸外国の高級レストランで経験を積んだ才能溢れるオーナーシェフ、アルフレド・ルッソが指揮監督しています。

イル ドルチェ スティル ノーヴォは文化とテーブルの芸術の理想的な遭遇という試みを機軸とし、伝統的な宮殿の宴会・晩餐会をも執り行っています。ハイクオリティーなおもてなしを提供する代名詞であるイル ドルチェ スティル ノーヴォでは心地よいひと時をお過ごしいただき、「王様の料理」の醍醐味を体験していただけるようお客様をおもてなし致します。

レストランはミケランジェロ・ガローヴェによって設計されたフランスの回廊形式の南東の塔の最上階に位置しています。こちらの広間は18世紀においてはサヴォイア家の宮廷貴婦人達の居住部屋でした。

フランチェスコ・ペルニーチェが指揮したピエモンテ州の建造物と風景画財産の管理財団が監修をし、建築家マックスとレッラ・ヴィニェッリが宮殿内部の改装を担当して丹念な修復が行われました。長年放置されてきた宮殿は修復によって歴史と芸術の特別な場として生まれ変わりました。建築家カルロとアウローラ・フチーニが考えたコンセプトは18世紀の「タイムレス」です。18世紀のネオクラシックを髣髴させる様式は何世紀もの時代を超え現在に伝わるべきものでしょう。

アルフレド・ルッソの料理哲学は革新的で個性的ですが、伝統的イタリア料理の基礎を忘れてはいません。彼の出す一皿はまるでマドレーヌ菓子のような味の集約と伝統的イタリア料理の継承とを融合したものです。その料理を素晴らしい環境にあるレストランで味わってみてください。ヴェナリア宮殿内にあるこの特別なレストランの華麗で荘厳な空間に感嘆されながら空間と調和した料理を味わっていただけます。忘れられない素晴らしいひと時をお過ごしになられるに違いありません。

宝石のようなイル ドルチェ スティル ノーヴォはヴェナリア宮殿内で調和し文化とゆとりの空間をもたらしています。敷地内の庭園、巨匠による数々の建造物、サヴォイア家のコレクションの展示品とともにアルフレド・ルッソの素晴らしい料理を味わう空間は宮殿には不可欠な場と言えます。

イル ドルチェ スティル ノーヴォ アッラ レッジャ

 

Menu (English version)

Contact (Reservations): Phone + 39 011 4992343, E-Mail info@dolcestilnovo.com



Visualizzazione ingrandita della mappa